アクセルとブレーキの踏み間違い事故。防ぐにはどうしたらいいのか?

アクセルとブレーキの踏み間違い事故。防ぐにはどうしたらいいのか?

重大な車の交通事故の原因で、アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故が増えています。この事故件数が増える要因になったのは、高齢者が起こすものと考えられていますが実は年齢問わずに踏み間違えというのは起こしているからです。そこで自身が当事者にならないために、踏み間違えによる事故を起こさない方法を解説します。

踏み間違え事故どのくらい起こっている?

踏み間違え事故を起こさない方法を解説する前に、実際に車の踏み間違え事故どのくらい起こっているのかを知っておきたいところです。交通事故の分析を専門にしている機関交通事故総合分析センターによると、1年の間に平均で5000から8000件起きていることが分かっています。その5000件から8000件の内訳を見ると、圧倒的に数が多いのが29歳以下の年齢層と65歳以上の高齢者が大半を占めているのです。

なぜ29歳以下の年齢層と65歳以上の高齢者が大半を占めているのかというと、それは29歳以下の場合は単純な技術不足そして65歳以上は視力を含む衰えです。29歳以下が多い理由としては、法律では車の免許というのは満18歳から取得が可能になっています。自動車学校で練習を重ねて試験に合格し免許を取得できても、自動車学校は教員と一緒に乗るため集中力が高い状態で維持できますが免許取得後は自分一人で乗る機会が多くなります。免許を取得して間もない時は集中力があっても一人で公道を走るのは極度の緊張が伴うことで失敗し、そして慣れた場合も29歳以下という若さゆえの慢心が原因で踏み間違えを起こすのです。

そして65歳以上というのは、老化現象によってどうしても脳からの神経信号が体に伝わるのが遅れてしまいます。そのため認知機能が落ちてしまうため、とっさのアクセルとブレーキが分からなくなってしまうのです。これらの原因が29歳以下と65歳以上の年齢層が、踏み間違え事故の5000件から8000件の大半を占める要因になっています。

踏み間違え事故の原因は何?

年間で5000件から8000件起こることが分かったところで、そもそもアクセルとブレーキの踏み間違え事故が起きる原因は何なのかが重要になります。その最大の要因として考えられているのが、脳が一時的な機能不全を起こすことで起きるパニック状態です。人間が常に一定の行動を継続して行える理由として額寄りに存在する前頭葉が関係しています。

この前頭葉の役割というのは、脳の内部に位置する海馬と呼ばれる部分が目や手などの感覚器官から得られた情報を記憶します。記憶をつかさどる海馬は、その記憶したことを人間が行動に移せるように神経を通して前頭葉に記憶した情報を送ります。海馬から送られてきた情報を前頭葉は分かりやすい形で解析し、それを全身の神経に伝えることで一定の行動を継続して行えるのです。

冷静な時には海馬から前頭葉への記録のアップロードがスムーズに行われるので、自動車学校で習った通りにアクセルは右に存在して進む部品ということそしてブレーキは左に存在して停まるものということを認知できているので実行に移せます。しかし一定の行動を継続して行うのに役に立つ前頭葉には致命的な弱点があり、それは複数の情報が一気になだれ込むと処理しきれずに機能不全を起こすことです。例えば普通に運転していたのに、突然車が誤作動を起こすもしくは他車が急接近したりすると焦ります。

焦りというのは脳に一気に処理をするための情報を流す行為なので、前頭葉はその処理をしきれずに機能不全を起こすのです。機能不全を起こすとアクセルやブレーキの位置すらも分からなくなるので、そのときにアクセルのところに足があると一番簡単な動作の踏むという行為だけが神経から伝わるので踏み間違いが起こるのです。

事故車は買取と修理どっちがお得?事故処理がおわったら受けたい...

踏み間違いによる事故を防止するためには?

65歳以上だと脳の活動の衰えによる判断力が落ちることで踏み間違えの事故は起きやすいというのもありますが、根本の原因は焦りによる脳の誤作動が原因なので誰でも当事者になる可能性はあります。誰でも当事者になるということを自覚したところで、踏み間違いによる事故を防止するための対処法を知りたいところです。まず誰でも当事者になる自覚だけでなく、もう一つ認知してほしいのが焦りによる脳の誤作動は自身の力では対応しきれないことも自覚してほしいポイントになります。そのため自身の力では解決しようがないので、防止するためには別の力を使って抑え込むのが常套手段です。

自動車メーカーでは踏み間違えによる事故の増加によって、年齢問わずに踏み間違えが起きる事を想定して新装備を開発し搭載しています。その装備として挙げられるのが衝突回避プログラムであり、これは車に内蔵したセンサーが障害物を検知すると自動でブレーキを行ってくれるものです。これは前方不注意による事故を防ぐためにつけられた装備ですが、踏み間違えによる事故の多発でプログラムに後退や停止した状態の時にセンサーが壁を検知したら停まるように追加されています。

そしてパーツメーカーも踏み間違えによる事故の多発で、車に衝突回避機能が搭載されていない場合でも後付けで防止できる装備を販売しています。その後付けの装備のが、オーバーアクセルキャンセラーとブレーキオーバーライドシステムと呼ばれるものです。オーバーアクセルキャンセラーは異常なアクセルの圧力を検知すると、警戒音が鳴って運転手に危険を知らせるだけでなくブレーキも同時にかけることで車を減速させます。車が減速すれば、脳のパニック状態が解ける時間を稼げるので冷静さを取り戻しブレーキを踏みなおせます。

そしてブレーキオーバーライドシステムは、焦っているとブレーキとアクセルを同時に踏んでしまう場合が多いです。通常アクセルの方が力が強いので、同時押しをするとアクセルが勝ってしまいますがこの機能がついているとアクセルの機能を抑えブレーキが効きやすくなります。

アクセルとブレーキの踏み間違い予防方法

  • 踏み間違えは年間で平均5000件から8000件起きている
  • 事故の原因の多くはとっさの出来事が原因で脳がパニック状態になり機能不全を起こすから

踏み間違えは年間で平均5000件から8000件起きていますが、これらの事故の原因の多くはとっさの出来事が原因で脳がパニック状態になり機能不全を起こすからです。残念ながら脳がパニック状態になったら自身の力では対応できないので、安全装備がついている車を購入するか後付けでパーツメーカから販売されている装備を購入してつけることで防ぐしかないです。

事故車を最高額で売却するなら

「車選びドットコムの事故車買取」は、事故車の買取に特化した無料の一括査定サービスです。全く動かない事故車でも大丈夫。一括査定で複数社の査定額を見比べることで、より最高額で売却できる可能性があります。
事故車の売却をご検討なら、ぜひ「車選びドットコムの事故車買取」一括査定サービスをご利用ください!

無料一括査定依頼はこちらから

60秒で入力完了!ネットで一括査定

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。車選びドットコムの一括査定もしくは廃車買取よりお申込みください。

車両の情報

メーカー 必須
メーカーを選択してください
車種 必須
車種を選択してください
年式 必須
おおよそでOKです
グレード 必須
「不明」の場合は追加情報もご入力ください
カラー 必須
ボディーカラーを選択してください
走行距離(km) 必須
おおよそでOKです
次の車検 必須
車検の年/月を選択してください

お客様の情報

お名前 必須
フリガナ 必須
電話番号 必須
メール 必須
郵便番号 必須
ご住所 必須

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

お電話でのお申込みも受付中

通話無料:0120-031-816  9:30〜18:30 / 平日のみ

東証JASDAQ上場ロゴ 名証二部上場ロゴ 株式会社ファブリカコミュニケーションズは東証JASDAQ・名証二部上場企業です。
(証券コード:4193)

当社はYahoo! Japanグループ「株式会社カービュー」と業務提携を行っております

お客様の情報は当社から、株式会社カービューを通じて車買取業者へと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

事故車の記事

事故車のパーツチェックはココを見ましょう
事故車のフレームにあるリスクとは
事故車にのると起こりやすい不調や故障
事故車の修理にかかる金額
中古車販売のときの事故車の定義
中古車購入時に事故車であることを見抜くやり方
購入した中古車が事故車だった場合の対応
事故車は売られているの?もし購入してしまったら?
事故車を承知で買った場合のデメリット
再生事故車(ニコイチ車両)のトラブルに遭わないために
事故車の統計からみる事故を起こしやすい車
事故の場合の正しい保険の使い方
もらい事故で追突された場合、車の補償はどうなる?
事故を起こしてしまった車、廃車処分にすべき目安は?
事故車の廃車処分にかかる費用の目安
事故車の不当な査定落ちを避けるためには?
お買い得!事故車を格安で手に入れる方法
事故車に乗るのは法律違反?
事故車のレッカー移動
中古車の修理歴はどこに記録される?確認はできる?
車の事故を起こしてしまった時に取るべき保険の手続きは?
交通事故を起こした場合のやるべき処理と手順は?
事故車の修理には保険を使う?修理期間や修理代を解説!
車の事故後の対応は?発生時・直後・その後で必要な対応とは
交通事故によって減点される点数と罰金は?
交通事故の慰謝料、相場はいくら?基準と計算の方法を解説
交通事故の発生から示談成立までの流れ
事故発生状況報告書って何?書き方を詳しく解説
交通事故の加害者になってしまった際に知っておくべき8つのこと
事故を起こしてしまった場合にかかるお金はどんな出費があるのか
交通事故で被害者が死亡してしまった場合の責任と処罰は?
事故で愛車が全損に。車の全損の基準と保険について
車の事故を起こしてしまった際の初期対応〜現場
交通事故に遭った時の被害者の心得は?
事故で警察を呼ばないのはリスク大!その場で示談を避けるべき理由
事故発生時に車の同乗者だった場合、責任はあるの?ケガの補償は誰にする?
物損事故の被害に遭ったらどのくらいの慰謝料を請求するの?
事故で代車が必要になった場合の必要性と相当性は?
無保険の車と事故。損害賠償請求はどうしたいいの?
事故に強い車は?頑丈な車と安全な車10選!
ドライバーが車の事故を起こす確率は?起こしてしまった場合に備えて
交通事故の発生原因は何?違反理由・要因別ランキング
車のボディーの色で事故率が変わる?派手の方が安全って本当?
交通事故現場の清掃って誰がするの?
車の事故に遭った時に、一番安全な席と危険な座席を知っていますか?
赤切符・青切符・白切符...色の違いによる車の違反と処分を解説
修復歴車の定義とは?売買時に注意したいこととお得な売り方
アクセルとブレーキの踏み間違い事故。防ぐにはどうしたらいいのか?
「駐車場で起きた事故につきましては一切責任を負いません」どうしたらいい?
センターラインオーバーで対向車が飛び出してきた場合どうしたらいい?
公共物に車をぶつけて事故を起こしてしまった場合はどうしたらいい?
駐車場で隣の車にドアをぶつけてしまった場合どうしたらいい?
バイクや自転車のすり抜けでドアミラーに傷がつい場合どうしたらいい?
買い物から戻ってきたら愛車にイタズラの傷が遭った場合どうしたら...
カーシェアで利用した車を事故・故障したら場合どうしたらいい?
試乗車で試乗中に事故にあった場合どうしたらいい?
煽られて急ブレーキをかけたら後続車に追突された場合どうしたら...
エアバックが軽い衝撃で開いてしまった場合どうしたらいい?
事故車は買取と修理どっちがお得?事故処理がおわったら受けたい...