事故を起こしてしまった車、廃車処分にすべき目安は?

事故を起こしてしまった車、廃車処分にすべき目安は?

事故を起こしてしまって車が傷ついてしまった時、修理をして乗り続けるか、下取りに出して乗り換えるか、それとも廃車処分するべきなのか?目安ってわかりにくいですよね。何度も事故を起こしている人は少ないですから。乗り換えか廃車処分か、はたまた乗り続けるべきなのか。検討のための目安をご提示したいと思います。

損傷程度の確認

まず、事故を起こしてしまった車の損傷の程度はどれくらいでしょうか?車両の一部の損傷で済んでいる場合は、乗り換えの検討のために買取業者に見積りを依頼します。実際に事故をした車を見てもらうと、業者の方は修理費用の概算を元に買取金額を算出してくれますから、乗り換えを検討する目安にしましょう。1つの業者だけではなく、いくつかに見積依頼をするといいですね。一括査定のサイトなどを利用して近くの業者に来てもらうことがおすすめです。

修理をしてから買取手を見つけようとすると、修理代のほうが高くつく場合もあります。もちろん保険で賄えればいいですが、すべてがカバーできるかどうかはわかりません。事故を起こしてしまったことは残念ですが、乗り換えのいいタイミングだと思って一度に手続を済ませてしまうのもいいかもしれません。

廃車にした方が良い場合

大きなヘコミやエグレは一見修理費用が嵩みそうですが、中古パーツが手に入りやすい車種や部位であれば思ったより高額にならないこともあります。しかし、目に見えない損傷もあるかもしれません。車の骨格まで損傷している場合、100%元に戻すことは難しいですから、いざ修理をしても乗っている時に不具合がでてしまうことが懸念されます。また、事故の過程で水没をしてしまっていたらサビや電気系統の故障に繋がりますし、修理費用も高額になりがちです。大破した車、水没した車は廃車として処分することをお勧めします。

乗り続けたい場合は

しかし大きな損傷ができてしまっても乗り続けることを検討したい場合ってありますよね。もう手に入らない貴重なお車や、思い入れの強い車など。そんな場合は、修理代を保険で賄えるかを目安にするといいでしょう。

前述のように、保険の支払いは自動車保険に加入していても修理代が全額でということが多々あります。もちろん加入している保険の内容によることもありますが、古い車の場合は市場価値が低いと判断されてしまって支払われる保険金額が低くなることがあります。手間と時間がかかりますが、一度保険会社から提示金額を確認して、不足分を自費で出してでも乗り続けたいのかを検討しましょう。

これらを目安にして、乗り換えか廃車か、それとも乗り続けるか、検討してみてください。

事故車を最高額で売却するなら

「車選び.comの事故車買取」は、事故車の買取に特化した無料の一括査定サービスです。全く動かない事故車でも大丈夫。一括査定で複数社の査定額を見比べることで、より最高額で売却できる可能性があります。
事故車の売却をご検討なら、ぜひ「車選び.comの事故車買取」一括査定サービスをご利用ください!

無料一括査定依頼はこちらから

60秒で入力完了!ネットで一括査定

フォームの項目に沿って、
「車両の情報」と「お客様の情報」を順にご入力ください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。車選び.comの一括査定もしくは廃車買取よりお申込みください。

車両の情報

メーカー 必須
メーカーを選択してください
車種 必須
車種を選択してください
年式 必須
おおよそでOKです
グレード 必須
「不明」の場合は追加情報もご入力ください
カラー 必須
ボディーカラーを選択してください
走行距離(km) 必須
おおよそでOKです
次の車検 必須
車検の年/月を選択してください

お客様の情報

お名前 必須
フリガナ 必須
電話番号 必須
メール 必須
郵便番号 必須
ご住所 必須

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

お電話でのお申込みも受付中

通話無料:0066-9686-28092  9:30〜18:30 / 平日のみ