ドライバーが車の事故を起こす確率は?起こしてしまった場合に備えて

ドライバーが車の事故を起こす確率は?起こしてしまった場合に備えて

車に関する交通事故は、可能な限り避けたいものですが、どこに住んでいても自動車が走っていれば一定の確率で起こってしまうものです。もし、交通事故が起こるとしたら、どれぐらいの確率で起こしてしまうのでしょうか。また、自分が交通事故の被害者になる確率はどれぐらいでしょうか。それぞれがどれぐらいの確率で起こるのかとその対応策を見ていきます。

人生で交通事故を起こす確率はどれくらい?

世の中では、毎日のように交通事故のニュースが出ています。もし自分が自動車の運転者ならば、1年間でどれだけの人が交通事故を起こしているかを知っておく必要があります。日本では年によって異なりますが、おおむね66万件ほどの交通事故が起こっています。そして、日本にはドライバーがおよそ8000万人いますのでこの二つの数字を使って1年間で交通事故を起こす確率を求めてみると1%未満でおよそ122人に一人が交通事故を起こしていることになるでしょう。ただ、実際にはペーパードライバーもいますので、普段車を運転している人の中で90人から100人に一人ぐらい、つまり1パーセントから2パーセントの割合で交通事故が起こっていることがわかります。

1年単位で考えれば、上記のような確率であることがわかりましたが、では10年間を運転続けた場合はどのように考えたらよいでしょうか。10年間運転を続けた場合はおよそ12人に1人という計算になることがわかるでしょう。つまり、確率としては8パーセント程度になることがわかります。このように考えると、交通事故を起こす確率は少なくありません。ですが実際には、交通事故を起こしやすい人と起こしにくい人がいるのも事実です。交通事故を起こさない人は一生を通じでまったく起こしませんが、逆に交通事故をよく起こす人は一生に何度も起こすことになります。

30年間運転を続けたと仮定した場合、延べ人数で4人に1人程度、つまり25%の確率で交通事故を起こしていることになります。30年間運転を続けるならばかなり高い確率で自分も交通事故を起こすのではないかと認識しておけば間違いません。「交通事故は運転の下手な人が起こすものなので自分だけは大丈夫」と自信を持っている人もいますが、交通事故を起こしやすい人は自分も加害者になる可能性もあると認識することが重要です。

人生で交通事故に遭う確率はどれくらい?

交通事故は、車を運転している人だけの問題ではありません。歩道を歩いていたり自転車に乗っている人が交通事故の被害者になることもあり得ます。車を運転していないから「自分は交通事故とは無縁の人生だ」と安心してしまうべきではないでしょう。道を歩いていれば、突然歩道に自動車が突っ込んでくるような例も増えてきています。また、コンビニやスーパーマーケットなどの建物の中にいたとしても、ブレーキとアクセルを逆に踏んでしまい、車が窓ガラスを突き破って突っ込んでくるようなことも考えられます。

これらの不可抗力の事例も含め、交通事故に遭う確率はどれぐらいなのかを見ていくと、年度によって交通事故の被害者の数は異なりますがおおむね 1年間で100万人近くの被害者が出ています。日本の人口をわかりやすく1億人と考えると1パーセント程度の人が毎年被害に遭っていることが理解できるでしょう。このように考えると、交通事故の被害に遭う確率は非常に低いことがわかりますが、50歳までに交通事故に遭遇してしまう可能性は 50パーセントになることが理解できるでしょう。もちろん、すべての人が等しく交通事故に遭遇するわけではありません。これは、自動車運転する場合と同じように、交通事故の被害者になりやすい人がいる一方で、全く交通事故に遭わない人もいます。このように考えると、確率だけでは分からないものもありますが、少なくとも自分も被害者になり得ると頭の片隅に意識しておくことが重要です。

事故に対する備えを

交通事故を自分が起こしてしまう確率も、逆に交通事故に遭う確率も決して低いものではないことがわかりました。そこで、普段から交通事故に関する備えをしておくことが必要になります。交通事故に関する備えの一つは、運転免許を持っており自動車を運転するならばしっかりと自動車保険に加入しておくことでしょう。自動車保険は、自賠責保険と任意保険の2種類があります。自賠責保険は強制加入ですので、自動車を所有しており運転できるすべての人が加入しています。しかし、死亡事故を起こしてしまった場合自賠責保険だけでは補償が十分ではありません。なぜなら、3000万円しかお金が出ないからです。そこで、任意保険に加入しておくことが必要になるでしょう。任意保険の加入すれば、死亡事故を起こした場合でも無制限にお金が支払われることになります。

一方、交通事故の被害者にならないためには常に安全を意識して歩いておく必要があります。もちろん歩道を乗り越えて自動車が突っ込んでくることや、建物の窓ガラスを破って車が突っ込んでくることもあるでしょう。ですが、そのような不可抗力により交通事故の被害者になるようなことはあるものの、自分が原因で交通事故を起こさない意識を持つことが重要です。信号を渡る時や横断歩道を渡るときはまわりの自動車の動きをよく確認して道を渡るべきです。自分もいつ被害者になるかわからないと心の片隅で意識して行動しておけば、事故の原因を大幅に減らすことができるでしょう。

交通事故に遭う確率と対策

  • 交通事故を起こす可能性は1年間で1%〜2%
  • 遭遇してしまう可能性も1年間で1%くらい

交通事故を起こしてしまう確率は、1年間でおよそ1パーセントから2パーセントであることが理解できます。その一方で、交通事故に遭遇してしまう確率は1年間でおよそ1パーセントぐらいになります。これらの備えとして、運転者は任意保険に加入しておいた方がよいです。また、歩行者や自転車に乗っている人は、常に交通事故に遭うかも知れない気持ちでいることが重要になります。

事故車を最高額で売却するなら

「車選びドットコムの事故車買取」は、事故車の買取に特化した無料の一括査定サービスです。全く動かない事故車でも大丈夫。一括査定で複数社の査定額を見比べることで、より最高額で売却できる可能性があります。
事故車の売却をご検討なら、ぜひ「車選びドットコムの事故車買取」一括査定サービスをご利用ください!

無料一括査定依頼はこちらから

60秒で入力完了!ネットで一括査定

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。車選びドットコムの一括査定もしくは廃車買取よりお申込みください。

車両の情報

メーカー 必須
メーカーを選択してください
車種 必須
車種を選択してください
年式 必須
おおよそでOKです
グレード 必須
「不明」の場合は追加情報もご入力ください
カラー 必須
ボディーカラーを選択してください
走行距離(km) 必須
おおよそでOKです
次の車検 必須
車検の年/月を選択してください

お客様の情報

お名前 必須
フリガナ 必須
電話番号 必須
メール 必須
郵便番号 必須
ご住所 必須

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

お電話でのお申込みも受付中

通話無料:0120-031-816  9:30〜18:30 / 平日のみ

東証JASDAQ上場ロゴ 名証二部上場ロゴ 株式会社ファブリカコミュニケーションズは東証JASDAQ・名証二部上場企業です。
(証券コード:4193)

当社はYahoo! Japanグループ「株式会社カービュー」と業務提携を行っております

お客様の情報は当社から、株式会社カービューを通じて車買取業者へと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

事故車の記事

事故車のパーツチェックはココを見ましょう
事故車のフレームにあるリスクとは
事故車にのると起こりやすい不調や故障
事故車の修理にかかる金額
中古車販売のときの事故車の定義
中古車購入時に事故車であることを見抜くやり方
購入した中古車が事故車だった場合の対応
事故車は売られているの?もし購入してしまったら?
事故車を承知で買った場合のデメリット
再生事故車(ニコイチ車両)のトラブルに遭わないために
事故車の統計からみる事故を起こしやすい車
事故の場合の正しい保険の使い方
もらい事故で追突された場合、車の補償はどうなる?
事故を起こしてしまった車、廃車処分にすべき目安は?
事故車の廃車処分にかかる費用の目安
事故車の不当な査定落ちを避けるためには?
お買い得!事故車を格安で手に入れる方法
事故車に乗るのは法律違反?
事故車のレッカー移動
中古車の修理歴はどこに記録される?確認はできる?
車の事故を起こしてしまった時に取るべき保険の手続きは?
交通事故を起こした場合のやるべき処理と手順は?
事故車の修理には保険を使う?修理期間や修理代を解説!
車の事故後の対応は?発生時・直後・その後で必要な対応とは
交通事故によって減点される点数と罰金は?
交通事故の慰謝料、相場はいくら?基準と計算の方法を解説
交通事故の発生から示談成立までの流れ
事故発生状況報告書って何?書き方を詳しく解説
交通事故の加害者になってしまった際に知っておくべき8つのこと
事故を起こしてしまった場合にかかるお金はどんな出費があるのか
交通事故で被害者が死亡してしまった場合の責任と処罰は?
事故で愛車が全損に。車の全損の基準と保険について
車の事故を起こしてしまった際の初期対応〜現場
交通事故に遭った時の被害者の心得は?
事故で警察を呼ばないのはリスク大!その場で示談を避けるべき理由
事故発生時に車の同乗者だった場合、責任はあるの?ケガの補償は誰にする?
物損事故の被害に遭ったらどのくらいの慰謝料を請求するの?
事故で代車が必要になった場合の必要性と相当性は?
無保険の車と事故。損害賠償請求はどうしたいいの?
事故に強い車は?頑丈な車と安全な車10選!
ドライバーが車の事故を起こす確率は?起こしてしまった場合に備えて
交通事故の発生原因は何?違反理由・要因別ランキング
車のボディーの色で事故率が変わる?派手の方が安全って本当?
交通事故現場の清掃って誰がするの?
車の事故に遭った時に、一番安全な席と危険な座席を知っていますか?
赤切符・青切符・白切符...色の違いによる車の違反と処分を解説
修復歴車の定義とは?売買時に注意したいこととお得な売り方
アクセルとブレーキの踏み間違い事故。防ぐにはどうしたらいいのか?
「駐車場で起きた事故につきましては一切責任を負いません」どうしたらいい?
センターラインオーバーで対向車が飛び出してきた場合どうしたらいい?
公共物に車をぶつけて事故を起こしてしまった場合はどうしたらいい?
駐車場で隣の車にドアをぶつけてしまった場合どうしたらいい?
バイクや自転車のすり抜けでドアミラーに傷がつい場合どうしたらいい?
買い物から戻ってきたら愛車にイタズラの傷が遭った場合どうしたら...
カーシェアで利用した車を事故・故障したら場合どうしたらいい?
試乗車で試乗中に事故にあった場合どうしたらいい?
煽られて急ブレーキをかけたら後続車に追突された場合どうしたら...
エアバックが軽い衝撃で開いてしまった場合どうしたらいい?
事故車は買取と修理どっちがお得?事故処理がおわったら受けたい...