事故車の統計からみる事故を起こしやすい車

事故車の統計からみる事故を起こしやすい車

初めて会った人でも、服装や、持っているものから、その人の性格がなんとなくわかってしまう。そういう経験は誰にもあるのではないでしょうか?カウンセラーなど、人の繊細なメンタルに関わるお仕事をされている人の中には、相手の持ち物・服装などからさまざまな情報を読み取って、相手を理解する助けにしているようです。

「○○(車の名前)に乗っている人は運転が下手」「○○のドライバーは運転が荒い!」などといった車の種類とそのオーナーの関係というのもよく話題に上がります。車は特に高い買い物ですから、買うまでの検討期間が長く、オーナーの性格がより強く反映されるのかもしれません。

では、実際に運転が荒かったり、注意散漫で事故を起こしやすい人が選ぶ、自動車の種類や色の傾向はあるのでしょうか?事故車のデータやランキングを分析して、事故が多い車を調べた過去の調査事例を見てみたいと思います。

ボディーカラーと事故の関係

20年にわたり85万台の調査を行って、2013年にアメリカで発表された事故とボディーカラーの関係調査では、黒色の車は他の色に比べて47%も事故に巻き込まれやすいと結論づけられました。また同様に暗い色のものは事故に遭う確率が高くなります。これは、そのカラーを選んだドライバーの性格というよりも、道路(アスファルト)の色や、夜間の視認性に起因するものであるようです。

また、上記とは別の調査では、事故に遭い難いボディーカラーは赤やオレンジなどの暖色系であると結論づけているものがあります。これは黒とは逆に、環境にあまりない色で人の注意を引くからということでしょう。

事故に遭いやすい車の種類は?

車の種類についてはどうでしょうか。これを見てみるには自動車保険の保険料率が参考になりそうです。保険料率は、車の種類によって保険料の不公平が出ないように、公的な組織である損害保険料率計算機構がメーカー・車種毎に細かく算出をしているものです。

公開されているデータを見てみると保険料率が高くなるのは、スポーツカーやパワーのある高級車といったスピードが出る車であることが分かります。これは、パワーがあって簡単にスピードが出せるため、事故を起こす頻度や事故の被害が大きくなることに起因するようです。確かにスポーツカーを選ぶオーナーにはドライブフィーリングを楽しみたいという欲求が最初にあるのですから、公道でも運転が荒くなる傾向があるのかもしれません。しかし、このことは直接保険料率とは関係がなさそうです。

統計から学べること

公にされているデータでメーカーや車種による事故率を調べることまではできません。しかし、車の種類にこだわらず「とにかく事故を起こしたくない」「もらい事故にも遭いたくない」という方は夜でも目立つ鮮やかな赤色のボディーで、スピードが出にくい丈夫な車を選ぶこと。また暗い色のスポーツカーとは距離をあけての運転を心がけることなど、ここから学べるものも多くありそうです。

事故車を最高額で売却するなら

「車選び.comの事故車買取」は、事故車の買取に特化した無料の一括査定サービスです。全く動かない事故車でも大丈夫。一括査定で複数社の査定額を見比べることで、より最高額で売却できる可能性があります。
事故車の売却をご検討なら、ぜひ「車選び.comの事故車買取」一括査定サービスをご利用ください!

無料一括査定依頼はこちらから

60秒で入力完了!ネットで一括査定

フォームの項目に沿って、
「車両の情報」と「お客様の情報」を順にご入力ください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。車選び.comの一括査定もしくは廃車買取よりお申込みください。

車両の情報

メーカー 必須
メーカーを選択してください
車種 必須
車種を選択してください
年式 必須
おおよそでOKです
グレード 必須
「不明」の場合は追加情報もご入力ください
カラー 必須
ボディーカラーを選択してください
走行距離(km) 必須
おおよそでOKです
次の車検 必須
車検の年/月を選択してください

お客様の情報

お名前 必須
フリガナ 必須
電話番号 必須
メール 必須
郵便番号 必須
ご住所 必須

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

お電話でのお申込みも受付中

通話無料:0066-9686-28092  9:30〜18:30 / 平日のみ