中古車の修理歴はどこに記録される?確認はできる?

中古車の修理歴ってどこに記録されるの?確認はできる?

新車はメーカー出荷されたばかりの状態でその一台一台に差がないのに対して、中古車はそれがまだ新しいものであっても個別の物件によって状態が様々に異なります。そのため中古車を選ぶ際には、その車が過去にどの様に乗られていたのか?現在どの様な状況なのか?というのを把握して安全上の問題がないかを正しく判断したいものです。

特に一度事故を行って修理された自動車(修理歴ありの中古車)は安く買うことができますが、事故の規模やそれによる機能への影響などをよく理解して購入しなければ、買った後にガタがきて結局修理費の方が高くつくといった残念な結果になりかねません。では中古車の修理歴などの記録を知るにはどの様な方法があるのでしょうか?ここでは車の価値を判断するために修理歴を調べる方法について考えてみましょう。

点検記録簿の確認

修理歴を調べる方法として一般的なのは、中古車の点検記録簿を確認することです。これは、12カ月点検や24カ月点検などの整備の際に、整備工場が作業内容を記録するもので、中古車の修理歴が記載されています。中古車販売店に中古車の点検記録簿は保管されていますので、中古車を購入する際はまずこの点検記録簿を確認し、お店の方に話を聞いて車の状態を確かめましょう。

しかし、すべての中古車に点検記録簿があるという訳ではありません。前の持ち主が記録簿を紛失してしまうケースもありますし、現在ではほとんどなくなりましたが、買取業者が修理歴や走行距離を改ざんするために破棄しているケースもあります。点検記録簿がない場合は自分の目で車の状態を確認しましょう。

目視による確認

最も気を付けて確認すべき場所は、車体の骨格です。なぜなら、骨格の歪みは車の走行に影響を及ぼしやすく、命の問題に関わる重大事故を引き起こしやすいからです。

車体を下から覗き込み、骨格に歪みがないか、塗装の色が一ヵ所だけ新しくなっていないかなどを見て確かめましょう。また、過去に水没した車も重大事故を引き起こす可能性があります。車内が浸水した場合は、車内に不自然なシミや座席に錆びが残りますので、これらを発見した場合は購入を控えましょう。知り合いに整備士の方がいらっしゃる場合は、一緒に車の状態を確認していただくのが一番です。

目視による確認

また、中古車販売店で修理歴はないと言われたのにも関わらず、購入後に修理歴があることに気が付いた場合は、契約を解除することができる場合があります。購入したばかりの中古車に異常を感じた場合は、全国にある日本自動車査定協会(JAAI)に修理歴の有無の調査を依頼しましょう。

調査にかかる費用は、2016年10月21日現在、軽自動車の場合5,400円、排気量が3,000cc以下の普通車の場合7,020円、3,000cc超の普通車の場合9,720円です。中古車販売店に契約の解除を求める場合は、JAAIで修理歴の有無が書かれた車両状態証明書を発行していただき、中古車販売店と交渉しましょう。消費者契約法では、購入後5年以上経ってしまいますと、修理歴があった場合でも中古車販売店に契約の解除を求めることができませんので、ご注意ください。

また、車を売却される場合は、買取業者に正直に修理歴を伝えましょう。プロは車を状態を確認するだけで修復歴の有無を見抜きます。修理歴を隠していることがばれてしまった場合、買取を拒否される場合もありますので、こちらもご注意ください。

事故車買取ご依頼くださいどんな車でも高く買います

車選び.comは事故車の買取に特化した廃車の買取サービスです。どんな状態のお車でも必ずお買取します。お引き取りのレッカー代や廃車にかかる手続き費用は一切無料。365日対応で熟練のスタッフが、お手続きをしっかりサポート致します。事故車の処分なら当サービスにおまかせください!

事故車・事故車を0円以上で買取保証。レッカー代・書類代行も無料で承ります。無料査定依頼はこちらから

お急ぎの方はお電話ください。

「車選び.com 買取コールセンター」通話無料0120-917-508。8:00〜22:00 年中無休。携帯・PHS OK。お手元に車検証をご用意いただくとスムーズです。

入力カンタン20秒!ネットで無料査定

8:00〜21:30のご依頼なら、最短10分で買取価格をお答えします。

※21:30〜は、翌日の対応とさせていただきます。
プライバシーポリシーをご確認のうえご依頼ください。

車両の情報

メーカー必須
メーカー名を選んでください
車種必須
車種名を選んでください
年式必須
おおよそでOKです
走行距離必須
おおよそでOKです

お客様の情報

お名前必須
電話番号必須
メール必須
都道府県必須