事故車の修理にかかる金額

事故車の修理にかかる金額

事故車を修理するとき、どのような修理になるのか、どれくらいの修理金額になるのか、気にならない方はいないでしょう。事故車といっても、事故で損傷した箇所や事故の程度によっても変わってきますし、国産車と輸入車では部品入手のしやすさが違うため修理費用が大きく違います。修復箇所と修復方法については、だいたいの相場というものがありますので、まずはそれについてご紹介します。

フレーム部分の修理

中古車販売の世界で「修復歴のある車」という扱いになり、自動車としての価値が大きく下がってしまうのがフレーム部分の修理です。事故でフレームが歪んだ場合、板金加工による修理をすることになります。この場合、一部の板金補修だけでも10万円程度、周囲の部品解体や組み立てまで含めると100万円程度になります。さらに自走できないほどの損傷となった場合は、修理費が車そのものを買い替えるよりもかかることもあります。

エンジンの修理

事故が原因でエンジントラブルとなった場合は、エンジンそのものの交換になります。国産車の場合はエンジン本体の価格が70万円程度、交換に伴う工賃が20万円程度になります。事故が原因でエンジンだけでなくフレームの修理も必要になる場合は、エンジン交換に伴う費用にとどまらないことが大半ですので、自動車保険を適用するか、買い替えを検討することになるでしょう。

雨漏りの修理

事故が原因で雨漏りするということもあります。これは追突事故などのためにフレームにゆがみが発生している場合です。この場合は補修費用が100万円程度かかることも覚悟しなくてはなりません。

その他の部分の修理

以上が、「修復歴のある車」となってしまうような修理と修理費用ですが、その他の修復箇所の場合、元通りに直すためには当該パーツの交換ということになります。ドアは1枚あたり最大10万円程度、バンパーは20万円程度、エアコンは最大20万円程度、そしてマフラーが最大3万円程度になります(いずれも国産車の場合、工賃含む)。

保険利用の検討

部品の入手のしにくさや修復の手間によっては、買い替えるよりも修理費用がかかることもあるため、修理費用の見積りをとって驚くこともあるでしょう。そういった時には車両保険の利用を検討すると思います。事故車の修理のときには、等級の関係で保険を使うか自己負担とするかということで悩むこともあるでしょう。保険を使って等級が下がり、今後の保険料負担が大幅に増えることを考えれば、自己負担のほうが安上がりになることもあります。そのためにも、まずは修理の見積もりをとってもらい、金額を比較することが大切です。目先の負担だけで考えないようにしたいものですね。

→全国対応の格安板金修理「Picars(ピッカーズ)」は見積もり無料!【詳細はこちら】

事故車を最高額で売却するなら

「車選び.comの事故車買取」は、事故車の買取に特化した無料の一括査定サービスです。全く動かない事故車でも大丈夫。一括査定で複数社の査定額を見比べることで、より最高額で売却できる可能性があります。
事故車の売却をご検討なら、ぜひ「車選び.comの事故車買取」一括査定サービスをご利用ください!

無料一括査定依頼はこちらから

60秒で入力完了!ネットで一括査定

フォームの項目に沿って、
「車両の情報」と「お客様の情報」を順にご入力ください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。車選び.comの一括査定もしくは廃車買取よりお申込みください。

車両の情報

メーカー 必須
メーカーを選択してください
車種 必須
車種を選択してください
年式 必須
おおよそでOKです
グレード 必須
「不明」の場合は追加情報もご入力ください
カラー 必須
ボディーカラーを選択してください
走行距離(km) 必須
おおよそでOKです
次の車検 必須
車検の年/月を選択してください

お客様の情報

お名前 必須
フリガナ 必須
電話番号 必須
メール 必須
郵便番号 必須
ご住所 必須

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

お急ぎの方はお電話ください

通話無料:0066-9686-28092  9:30〜18:30 / 平日のみ