事故車のフレームにあるリスクとは

事故車のフレームにあるリスクとは

一般の人が考える事故を起こした経歴のある車、事故車とは、なんでも事故したことがあったら事故車と考えがちですが、中古車販売の世界では、事故車とは、自動車の骨格であるフレーム部分を修復した経歴のあるクルマのことです。「修復歴のある車」といいます。

フレームの損傷と修理暦の有無

例えば、ドアやエンジンを交換するほどの事故だったとしても、フレーム部分が損傷せず、修理や交換をしていなかったらそれは事故車という扱いにはなりません。逆にちょっとした接触事故だったとしても、骨格部分が損傷し、修理や交換していたら修復歴のある車となり、その価値は大幅に減ってしまいます。

自動車の骨格にあたるフレーム部分とは、具体的には、サイドメンバー、クロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、トランクフロア、ラジエターコアサポートのことを指します。また、事故でなくても、例えば、上から植木鉢が落ちてきて天井がへこんでしまい、ルーフパネルを交換していたら、それは「修復歴のある車」となり、やはり価値が減額となります。

フレームに損傷のある場合の問題

それでは、このようなフレーム部分に修復歴のある車はどのような問題があるのでしょうか。最も問題となるのが、車体に歪みが出てしまうことです。現在、国産車はほとんど「モノコック構造」と言われるフレームとボディが一体化した構造となっています。このモノコック構造は軽量で剛性が高いというメリットがあるのですが、一体化しているため、どこかに衝撃を受けると骨格全体に影響が出てしまうという欠点があります。

そのため、衝突事故でフレーム部分を構成するひとつの部品が損傷したとしても、その部品だけを修理したり、交換したりしても不十分なことがあるのです。他の部品にも影響が出ていて、ゆがんだり変形していたりしている可能性があるためです。もしそうなってしまっていたら、車体のバランスが崩れてしまい、走行中に車体がぶれたり、まっすぐ走らなかったり、ドアが閉まらなかったりといった不具合が生じてしまうことがあります。

修理暦車のある車の注意点

特に注意しなくてはならないのが、一般道での走行で、通常のスピードでの走行には問題がなくても、高速走行中に支障がでてしまうと大事故につながりかねません。修復歴のある車を購入する場合は試乗して走行性を確認すると思いますが、高速走行まで試乗する人は少ないでしょう。最近の修復技術は非常に高くなっているとはいえ、こういったリスクがあることは念頭に置かなくてはなりません。

事故車を最高額で売却するなら

「車選び.comの事故車買取」は、事故車の買取に特化した無料の一括査定サービスです。全く動かない事故車でも大丈夫。一括査定で複数社の査定額を見比べることで、より最高額で売却できる可能性があります。
事故車の売却をご検討なら、ぜひ「車選び.comの事故車買取」一括査定サービスをご利用ください!

無料一括査定依頼はこちらから

60秒で入力完了!ネットで一括査定

フォームの項目に沿って、
「車両の情報」と「お客様の情報」を順にご入力ください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。車選び.comの一括査定もしくは廃車買取よりお申込みください。

車両の情報

メーカー 必須
メーカーを選択してください
車種 必須
車種を選択してください
年式 必須
おおよそでOKです
グレード 必須
「不明」の場合は追加情報もご入力ください
カラー 必須
ボディーカラーを選択してください
走行距離(km) 必須
おおよそでOKです
次の車検 必須
車検の年/月を選択してください

お客様の情報

お名前 必須
フリガナ 必須
電話番号 必須
メール 必須
郵便番号 必須
ご住所 必須

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

お電話でのお申込みも受付中

通話無料:0066-9686-28092  9:30〜18:30 / 平日のみ