事故車に乗るのは法律違反?

事故車に乗るのは法律違反?

駐車場のポールにでもぶつけたのか、リアがボコボコに凹んだミニバン。ドアが正しく開くのか心配になるほどへこんだハッチバックなど。運転をしていると、事故の修理をせずにそのままにされている車を見かけることも多いです。

事故に遭いボディーがボコボコに…。しかし見た目は悪くても基本的な車としての機能(走る・曲がる・止まる)を損なっておらず、問題なく使えるのでこのまま乗り続けたい!という場合、その状態で公道を走ることに果たして法律的な問題はあるのでしょうか?

整備不良になる車は?

自動車の整備についての法律では、道路交通法の第六十二条で「整備不良車両の運転の禁止」として整備不良車の運転をした場合の罰則について定められています。では整備不良の自動車はどのように定義づけられるのでしょうか。

車両の保安基準については「道路運送車両法」の第三章の内容がそれに該当します。この中では、自動車の構造(高さ・幅・長さ)や基本性能(回転半径など)から、マフラーやフロントガラスなどの細かい部分の指定を含み、保安上や環境保全上の基準に合わないものを運転することを禁じています。この保安上の基準については国土交通省の定めるものが適用されるため、おおよそ車検が通らないような状態の車を公道で利用することは、法律違反になるというように考えて問題がなさそうです。

事故の場合の対応

事故の傷跡が残っていても、そのままの状態で車検に通るものならば、乗り続けても大丈夫ということがわかりました。しかし実際に車検に通るかどうかは素人目には判断できません。傷を直さずに長い期間乗り続ける場合は、自動車整備工場にまずは状態を確認してもらう方が賢明です。

しかし、例えば事故の直後で修理工場まで移動をするために車に乗りたいという場合は、その場で乗れるかどうかの判断が必要です。例えばウィンカーが割れていたり、ブレーキランプが切れているなど、一見軽く見える故障でも保安上の問題になります。この場合、事故に立ち会ってもらった警察官に乗って良いか相談をするのも良さそうです。とはいえ少しでも不安がある場合は無理に乗ろうとせずにレッカー移動など適切な措置を取ってください。

事故車を最高額で売却するなら

「車選び.comの事故車買取」は、事故車の買取に特化した無料の一括査定サービスです。全く動かない事故車でも大丈夫。一括査定で複数社の査定額を見比べることで、より最高額で売却できる可能性があります。
事故車の売却をご検討なら、ぜひ「車選び.comの事故車買取」一括査定サービスをご利用ください!

無料一括査定依頼はこちらから

60秒で入力完了!ネットで一括査定

フォームの項目に沿って、
「車両の情報」と「お客様の情報」を順にご入力ください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。車選び.comの一括査定もしくは廃車買取よりお申込みください。

車両の情報

メーカー 必須
メーカーを選択してください
車種 必須
車種を選択してください
年式 必須
おおよそでOKです
グレード 必須
「不明」の場合は追加情報もご入力ください
カラー 必須
ボディーカラーを選択してください
走行距離(km) 必須
おおよそでOKです
次の車検 必須
車検の年/月を選択してください

お客様の情報

お名前 必須
フリガナ 必須
電話番号 必須
メール 必須
郵便番号 必須
ご住所 必須

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

お電話でのお申込みも受付中

通話無料:0066-9686-28092  9:30〜18:30 / 平日のみ