事故で愛車が全損に。車の全損の基準と保険について

事故で愛車が全損に。車の全損の基準と保険について

自動車保険に入っていれば、もしもの事故が生じた際にも保険金によって車の修理費用を回収することができます。しかし、保険金が出るための条件は規定があり、自分は全損だと思っていてもそう評価されず、車の修理や買い替えがままならない場合もあるなど難しいものです。車の全損時の基準や保険の適用について確認してみましょう。

どこまで壊れていたら全損になるの?

まず知っておかなかければならないのは、車がどの程度壊れている場合に全損と判断されるかです。全損は「修理ができない状態」が基本的な定義。文字通り「全て損なわれている」状態になっており、修理で自動車としての機能回復が期待できない場合を指します。

しかし、保険での全損の定義はこれだけではありません。場合によっては、修理が可能な場合でも全損扱とになる場合があります。ここでのポイントは自動車の機能に注目して考えることです。

保険の場合は、自動車の機能を回復するための修理費用が、その車両の時価額を上回る場合も全損扱いになります。これは、事実上の機能の回復が車の修理ではなく、買い替えによって達成することができると考えられるからです。

そのため、修理費用が高くなることを理由にして、多額の保険金を請求し、より新しくグレードの高い車に買い換えるということはできません。

また、全損というと事故による故障や破壊された状態をイメージしがちですが、実は自動車が盗難に遭ってしまい、車を発見できない場合も全損として扱います。地震や津波などによって車が行方不明になってしまうケースも同様です。

全損は車の修理の可否や程度で判断することもできますが、保険では自動車としての機能に注目して考えるということを覚えておきましょう。

全損だと保険料はどれくらい貰えるの?

もしも事故やトラブルがあって自分の愛車が全損になってしまった場合、保険料はいくらほど受け取れるのでしょうか?

車両保険では、契約時に車両価格を決めておくことになります。この時の車両価格は「協定保険価額」で決められた金額で、市場で販売されている価格に相当する金額が基準です。そのため、実際に購入した際の車両の価格とは異なることに注意しなくてはなりません。

限定モデルで価値が高い場合や、セールで安く購入できた場合でも、車両価格は基準に基づいて一律に処理されます。また、車両保険は毎年更新され、その際に保険価額も変わります。10年ほど経過するとほぼ価値がゼロになりますので、いつまで保険をかけるかは慎重な判断が必要です。

基本的に全損の場合は、この保険契約時の車両価格上限までは保険金を受けとることが可能です。保険会社側では、全損と思われる事故やトラブルの連絡を受けると、その状況を確認して全損扱いの可否を判断し支払う保険金を決定します。

全損で修理を行う場合は、保険契約時の車両価格の範囲内で修理費用が支給されます。ただし、修理に必要な費用が車両価格を上回ってしまう場合は、車両価格までの金額が支給され、残りの費用は自己負担です。たとえば、修理見積もりが40万円で、契約時の車両価格が30万円の場合なら10万円は自分で負担することになります。

全損によって買い替えが必要な場合、車両価格の上限までの保険金が出ます。そのため、買い替えに要した費用ではありませんので誤解ないよう注意が必要です。これは全損扱いの盗難や車両の紛失についても同様で、保険契約時の車両価格の上限までの保険金は支給されますが、それ以上の金額については自己負担となります。

相手に買替え費用を請求できる?

相手のある事故では、保険での処理は保険会社とのやり取りになりますが、事故の相手に対して費用請求を行うことも可能です。この場合は、基本的に当事者どうしの示談交渉になります。かかった修理費用や買い替え費用を提示して請求し、相手側が納得して支払ってくれるのであれば特に問題はありません。

しかし、全損となると多くの場合は相手が示談交渉も含めて保険会社に任せるため、相手に直接費用を請求できるのはかなり稀なケースです。保険の等級を上げたくない、仕事などの都合上事故を大ごとにしたくないなどの事情がある場合には示談交渉に応じてくれますが、そうでなければ相手側の保険会社にすぐに連絡がいくことになるでしょう。

示談に持ち込んで請求できたとしても、不当に高い修理費を請求したり、過失の割合が正しくなければ、逆に訴えられて裁判に発展する場合もあります。相手が納得して支払ってくれない限りは示談金の支払いも遅れることになりますし、もし裁判になれば事故処理とは別に費用や時間が必要です。

判例では車本体の費用だけでなく買い替えに伴って発生した諸費用や、車の市場価値を鑑みて時価評価として適当と考えられる水準の金額を支払うような判決も出ています。ただし、基本的には各裁判での判断になりますので、請求した金額が全額確実に戻ってくるわけではありません。

保険会社からの保険金の支給後、金額に納得ができず、事故の相手に直接買い換え費用を請求するケースも同様です。保険金が既に支給されている場合は、保険会社も一緒に相手取って示談交渉や裁判をすることになり、希望する金額の回収はより難しくなります。

車の全損基準と保険適用

  • 全損の場合、修理や買替えに必要な保険金が支給される
  • 全損は盗難や紛失にも適用される
  • 実際にかかった修理費や買替え費用とは限らない

自分の車が全損に陥るような事態になった場合、修理や買替えに必要な保険金が支給されます。全損は故障や大破といった状況だけでなく、盗難や紛失にも適用される概念です。保険会社における全損時の保険金の算出は、実際にかかった修理費や買替え費用とは限らず、一定の基準で算出された金額や保険の契約内容で決定されることに注意しましょう。

事故車を最高額で売却するなら

「車選びドットコムの事故車買取」は、事故車の買取に特化した無料の一括査定サービスです。全く動かない事故車でも大丈夫。一括査定で複数社の査定額を見比べることで、より最高額で売却できる可能性があります。
事故車の売却をご検討なら、ぜひ「車選びドットコムの事故車買取」一括査定サービスをご利用ください!

無料一括査定依頼はこちらから

60秒で入力完了!ネットで一括査定

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。車選びドットコムの一括査定もしくは廃車買取よりお申込みください。

車両の情報

メーカー 必須
メーカーを選択してください
車種 必須
車種を選択してください
年式 必須
おおよそでOKです
グレード 必須
「不明」の場合は追加情報もご入力ください
カラー 必須
ボディーカラーを選択してください
走行距離(km) 必須
おおよそでOKです
次の車検 必須
車検の年/月を選択してください

お客様の情報

お名前 必須
フリガナ 必須
電話番号 必須
メール 必須
郵便番号 必須
ご住所 必須

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

お電話でのお申込みも受付中

通話無料:0120-031-816  9:30〜18:30 / 平日のみ

東証JASDAQ上場ロゴ 名証二部上場ロゴ 株式会社ファブリカコミュニケーションズは東証JASDAQ・名証二部上場企業です。
(証券コード:4193)

当社はYahoo! Japanグループ「株式会社カービュー」と業務提携を行っております

お客様の情報は当社から、株式会社カービューを通じて車買取業者へと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

事故車の記事

事故車のパーツチェックはココを見ましょう
事故車のフレームにあるリスクとは
事故車にのると起こりやすい不調や故障
事故車の修理にかかる金額
中古車販売のときの事故車の定義
中古車購入時に事故車であることを見抜くやり方
購入した中古車が事故車だった場合の対応
事故車は売られているの?もし購入してしまったら?
事故車を承知で買った場合のデメリット
再生事故車(ニコイチ車両)のトラブルに遭わないために
事故車の統計からみる事故を起こしやすい車
事故の場合の正しい保険の使い方
もらい事故で追突された場合、車の補償はどうなる?
事故を起こしてしまった車、廃車処分にすべき目安は?
事故車の廃車処分にかかる費用の目安
事故車の不当な査定落ちを避けるためには?
お買い得!事故車を格安で手に入れる方法
事故車に乗るのは法律違反?
事故車のレッカー移動
中古車の修理歴はどこに記録される?確認はできる?
車の事故を起こしてしまった時に取るべき保険の手続きは?
交通事故を起こした場合のやるべき処理と手順は?
事故車の修理には保険を使う?修理期間や修理代を解説!
車の事故後の対応は?発生時・直後・その後で必要な対応とは
交通事故によって減点される点数と罰金は?
交通事故の慰謝料、相場はいくら?基準と計算の方法を解説
交通事故の発生から示談成立までの流れ
事故発生状況報告書って何?書き方を詳しく解説
交通事故の加害者になってしまった際に知っておくべき8つのこと
事故を起こしてしまった場合にかかるお金はどんな出費があるのか
交通事故で被害者が死亡してしまった場合の責任と処罰は?
事故で愛車が全損に。車の全損の基準と保険について
車の事故を起こしてしまった際の初期対応〜現場
交通事故に遭った時の被害者の心得は?
事故で警察を呼ばないのはリスク大!その場で示談を避けるべき理由
事故発生時に車の同乗者だった場合、責任はあるの?ケガの補償は誰にする?
物損事故の被害に遭ったらどのくらいの慰謝料を請求するの?
事故で代車が必要になった場合の必要性と相当性は?
無保険の車と事故。損害賠償請求はどうしたいいの?
事故に強い車は?頑丈な車と安全な車10選!
ドライバーが車の事故を起こす確率は?起こしてしまった場合に備えて
交通事故の発生原因は何?違反理由・要因別ランキング
車のボディーの色で事故率が変わる?派手の方が安全って本当?
交通事故現場の清掃って誰がするの?
車の事故に遭った時に、一番安全な席と危険な座席を知っていますか?
赤切符・青切符・白切符...色の違いによる車の違反と処分を解説
修復歴車の定義とは?売買時に注意したいこととお得な売り方
アクセルとブレーキの踏み間違い事故。防ぐにはどうしたらいいのか?
「駐車場で起きた事故につきましては一切責任を負いません」どうしたらいい?
センターラインオーバーで対向車が飛び出してきた場合どうしたらいい?
公共物に車をぶつけて事故を起こしてしまった場合はどうしたらいい?
駐車場で隣の車にドアをぶつけてしまった場合どうしたらいい?
バイクや自転車のすり抜けでドアミラーに傷がつい場合どうしたらいい?
買い物から戻ってきたら愛車にイタズラの傷が遭った場合どうしたら...
カーシェアで利用した車を事故・故障したら場合どうしたらいい?
試乗車で試乗中に事故にあった場合どうしたらいい?
煽られて急ブレーキをかけたら後続車に追突された場合どうしたら...
エアバックが軽い衝撃で開いてしまった場合どうしたらいい?
事故車は買取と修理どっちがお得?事故処理がおわったら受けたい...