事故車を承知で買った場合のデメリット

事故車を承知で買った場合のデメリット

中古車市場では、事故歴(修復歴)のあるクルマというのは、フレームを修理した自動車のことです。けっこう大きな事故をしないとフレームまで修理はしませんので、ちょっとした自損事故程度では、事故歴のない、普通の中古車として販売されることもあるということですね。

中古車を購入するときには、点検記録簿を見ればどのような点検、修理をしたのか記録されていますし、また、中古車販売店から購入するときは、販売業者にどのような修理箇所があるか、確認するでしょう。ですので、フレーム修理のような大きな修復歴があるようなクルマはまず、見逃すことは考えにくいのですが、それでも、中古車販売店の査定士さんも人間ですので見逃す可能性がないとはいえません。

中古車を買う時には、試乗してみて違和感がないかを確認し、ボンネットの裏にボルトの締め直しのあとがないか、溶接を行った形跡はないか。といった点を確認してみてください。それで、修復歴のあるクルマと明示して売られている場合はもちろん、そうでなくても、修復の程度がある程度は確認できます。

ここでは、修理歴を承知の上で購入した場合において抱えるリスクやデメリットについて考えてみましょう。

安く買えるのが事故車の魅力

さて、事故車を購入することですが、事故車の魅力は、なんといっても値段の安さにあります。中古車の状態について目利きができるという人は購入する人もいることでしょう。事故車で最も怖いのは、ハンドルがうまく利かずタイヤ操作に影響があることです。これはフロント部の損傷、修復が原因であることが多いので、特に、フロント部の損傷を修復したというクルマについては注意すべきです。フロント部の奥まで損傷した経歴があり修復したというクルマは詳しい方でも避けた方が無難だと思います。

購入後の不具合頻発に注意

目利きさえできれば事故車の購入も掘り出し物を買える可能性もありますが、もちろんデメリットもあります。よく言われる事故車購入に関する問題は、買った当初は大丈夫と思っても後で不具合が出ることです。試乗もしたし、修復歴の箇所も確認し、大丈夫そうだと判断したが、結局、後で修理費が多くかかってしまった。というのはよく聞く話です。そして、後で売るときにも、買ったときには把握していなかった問題点をいろいろと指摘されて、非常に安く買われてしまう、もしくは値段がつかないということもあります。このような短所があるのを承知のうえで、それでも目利きに自信があるという方は、挑戦されてみてもいいのではないでしょうか?

事故車を最高額で売却するなら

「車選び.comの事故車買取」は、事故車の買取に特化した無料の一括査定サービスです。全く動かない事故車でも大丈夫。一括査定で複数社の査定額を見比べることで、より最高額で売却できる可能性があります。
事故車の売却をご検討なら、ぜひ「車選び.comの事故車買取」一括査定サービスをご利用ください!

無料一括査定依頼はこちらから

60秒で入力完了!ネットで一括査定

フォームの項目に沿って、
「車両の情報」と「お客様の情報」を順にご入力ください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。車選び.comの一括査定もしくは廃車買取よりお申込みください。

車両の情報

メーカー 必須
メーカーを選択してください
車種 必須
車種を選択してください
年式 必須
おおよそでOKです
グレード 必須
「不明」の場合は追加情報もご入力ください
カラー 必須
ボディーカラーを選択してください
走行距離(km) 必須
おおよそでOKです
次の車検 必須
車検の年/月を選択してください

お客様の情報

お名前 必須
フリガナ 必須
電話番号 必須
メール 必須
郵便番号 必須
ご住所 必須

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

お急ぎの方はお電話ください

通話無料:0066-9686-28092  9:30〜18:30 / 平日のみ